ハタケヤマ 硬式用キャッチャーミット(KシリーズM1型) [K-M1J]

【おすすめポイント】 

「M1型」ハタケヤマの中で最も小さいサイズ。ポケット浅めで操作性、素早いスローイングを求めたモデルです。人気の形状であるshellarmove(シェラームーブ 蛇腹デザイン)を搭載し「掴む」動きを円滑にしています。捕球面にスリットを無くすことで良い捕球音、頑丈さが増しています。

「スペシャルジャパンハイド」という和牛革を使用。かたい革、分厚いウェルト芯を使うのはハタケヤマのこだわりです。頑丈さ、捕球面のハリは他メーカーの追随を許しません。「仕上がってからの状態でながく使える」その分手に馴染んでくるには時間がかかりますので捕球を繰り返す必要があります。ミットは自分で育てる時間が必要です。慌てずにじっくり作っていって下さい。

湯もみ型付けによりキャッチボールが出来る程度になります。使えるようにするというよりバランスを整えておくことで型崩れなく仕上げていけるようにするための作業です。初期の型付けが大事です。

ハタケヤマのこだわりは コチラ をご覧下さい。

【当店お買上げのグラブは型付けを無料で承ります】

熟練の技で革の柔軟バランスをしっかりと整えます。グラブの動きに余計な負荷がかからないよう仕上げますので型崩れしにくいのも特徴です。セカンドベースの一品仕上げを是非ご体感下さい。

「ボックス型」

ポケット深めで確実な捕球を求める型です。捕球スタイルは親指と4本指に力を入れ、掴み取るように捕球するプレーヤーに向いています。まずは確実なキャッチング技術を身につけたい、緩い変化球もしっかりキャッチしたい選手にはオススメの型です。小学生・中学生の方には「ボックス型でソフト仕上げ(柔らかめ)」がオススメです。

プロ野球選手では「阿部選手」「谷繁選手」がボックス型でした。現役では「小林選手」がボックス型で使用しています。 

「スタンダード型」

ポケットを親指側に作る浅めの使い方になります。捕球スタイルは親指以外のと4本の指を使い、押さえて捕球するプレーヤーに向いています。(親指をあまり動かさず上から被せるように捕球する)ボールの握りかえが素早く行えるのも特徴です。ある程度キャッチング技術が身についている選手にはオススメの型です。

プロ野球選手では「古田選手」「矢野選手」がスタンダード型でした。現役では「甲斐選手」などをはじめ約90%のプロ野球選手がこのスタンダード型です。 

※高校生では約6割の選手がスタンダード型、約4割の選手がボックス型で使用しているとのメーカー調査結果があります。

【商品仕様】

●ハタケヤマ硬式用キャッチャーミット右投げ用 捕手用

●メーカー品番:K-M1J

●カラー:オレンジ(紐ブラウン) Jイエロー(紐ブラウン)

●型:「M1型」「ピンキーパターン採用」「shellarmove採用」「捕球面スリットレス構造」

●表革:スペシャルジャパンハイド(和牛革) 裏革:和牛革ブラック

●付属品:専用袋

※型付けに関するよくある質問はこちら「よくある質問(グラブ編)」をご覧下さい。

※型の種類や仕上がり具合の詳しい説明はこちら 「型付けの種類」 をご覧下さい。

ハタケヤマ 硬式用キャッチャーミット(KシリーズM1型) [K-M1J]

販売価格: 53,900円(税込)

商品 在庫
オレンジ 右投げ用
Jイエロー 右投げ用 「在庫なし」(メーカー取寄せ対応)
商品:
柔軟加工の方法:
※柔軟加工の方法を選択できます。出来るだけ早くノック、試合で使いたい方は「湯もみ型付け加工」が最短の方法です。
「スチーム柔軟加工」はキャッチボールが出来る程度とお考え下さい(バランスとクセ付けを行っておりますのでベストな状態へ自分で仕上げていく加工です)
※加工方法の種類や仕上がりの詳しい説明はこちら 「型付けの種類」 をご覧下さい。
型を付ける時間のない方、全てをプロに任せたい方には「湯もみ型付け加工」をオススメします。

型の種類と仕上げ具合 (任意):
ご希望の型(2種類)と仕上げ具合(柔らかさ)を選択して下さい。
「ボックス型」
ポケット深めで確実な捕球を求める型です。捕球スタイルは親指と4本指に力を入れ、掴み取るように捕球するプレーヤーに向いています。軟式ボールは硬式ボールに比べ暴れやすいので軟式野球ユーザーにはオススメの型です。
プロ野球選手では「阿部選手」「谷繁選手」がボックス型でした。現役では「小林選手」がボックス型で使用しています。
「スタンダード型」
ポケットを親指側に作る浅めの使い方になります。捕球スタイルは親指以外のと4本の指を使い、押さえて捕球するプレーヤーに向いています。(親指をあまり動かさず上から被せるように捕球する)ボールの握りかえが素早く行えるのも特徴です。ある程度キャッチング技術が身についている選手にはオススメの型です。プロ野球選手では「古田選手」「矢野選手」がスタンダード型でした。現役では「嶋選手」などをはじめ約90%のプロ野球選手がこのスタンダード型です。
※高校生では約6割の選手がスタンダード型、約4割の選手がボックス型で使用しているとのメーカー調査結果があります。
小学生・中学生の方には「ボックス型でソフト仕上げ(柔らかめ)」をオススメしています。

手袋サイズまたは身長 (任意):
※型付けの際の参考に致しますのでご使用の手袋サイズ(バッティング手袋や守備手袋)を選択して下さい(手袋サイズが分からない方は身長でも大丈夫です)。手に沿ってグラブが動くよう手の大きさを考慮しながら型付けします。
一番下の自由記入欄に「高校2年生が使用。身長175cm。がっちり体型。試合で使えるよう出来るだけ早く仕上げたい」などと記載下さると当方でのイメージがより明確になります。型付けの際に使う選手をイメージしながら作業しています。

守備用手袋の使用 (任意):
※グラブを使う際に守備用手袋を使うかどうかを選択して下さい。守備手袋を着用する場合には手の大きさに加えて手袋着用を考慮して型付け致します。
「守備手袋を使わない」を選んで型付け後に守備手袋を使うようになっても大丈夫ですのでご安心下さい。

使用するボール (任意):
※お使いのボール種類を選択して下さい。硬式ボール・軟式ボール・ソフトボールなど大きさ・用途に合わせて型付け致します。
例えば硬式グラブであっても軟式野球で使うのであれば軟式ボールを選択して下さい。

ウェブのヒモ調整 (任意):
※ウェブ部分のヒモ調整です。ウェブのあそびを大きくするため「広め」にヒモを緩める、逆に「狭め」にヒモを締めるを選択できます。使い方に好みが出る箇所ですが狭くするとミットが開きにくくなりますので注意して下さい。
特に指示がなければミットに合わせてウェブのあそびを適切に調整しますのでご安心下さい。

オイル塗布仕上げ (任意):
(作業内容)
仕上げの最後にグラブ全体にオイルを塗り革の状態を整えます。浸透が良くグラブが重たくなりにくい液体オイルと固形タイプの2種類を使用します。グラブがオイルによって若干変色しますので予めご了承下さい。
特にご指示がなければオイル仕上げを行います。湯もみ型付け後は必須作業です。

その他ご要望 (任意):
最大180文字
その他ご要望や質問などがございましたらご記入下さい。出来る限りご要望に沿って加工を施したいと思っております。
別途費用が発生する場合にはメールでご連絡致します。
当店の型付けのコンセプトについてはこちら 「グラブを語る」 をご覧下さい。
型付けに関するQ&Aはこちら 「よくある質問(グラブ編)」 をご覧下さい。

販売価格: 53,900円(税込)

数量:

商品の写真

レビュー

0件のレビュー
※※※【ご注文の前に確認下さい】※※※

●型付け後のグラブは作業の特性から使用感(若干のシミやよごれ)が出ますので予めご了承下さい。

●注文と同時に届くメールは自動で送信されるメールです。当店にて注文を確認した後、改めてメールを送りますのでご確認下さい。
 (@bb-park.netのドメインを受信可能にお願いします)

●領収書がご必要な方は注文フォーム途中にある「備考欄」にてご指示下さい。商品に同封致します。(宛名、但し書きをご指示下さい)

●お買上げ明細書(納品書)は同封しておりません。メールにてご確認下さるようお願い致します。ペーパーレス・資源保護の観点から予めご了承下さい。

●梱包ダンボールは資源保護の観点からメーカーのダンボール等を再利用しておりますので予めご了承下さい。

●商品発送時には発送完了のメール(荷物番号を記載)を差し上げております。(配送会社HPにて荷物追跡が可能です)

●各地域別の送料についてはこちら 「ご利用案内(送料)」 をご覧下さい。(代引き手数料は一律432円です)